Microsoft Edgeの「ワークスペース」機能を試す方法

S 20210413 104901

Microsoftは現在、ChromiumベースのEdgeブラウザに「ワークスペース(Workspaces)」と呼ばれる新しいタブ管理機能を追加する準備を進めています。

ワークスペースはタブグループと異なり、セッション間で状態が維持され、またそれぞれのワークスペースは独立したウィンドウに表示されるという特徴を持っています。

ワークスペース機能は現在、Microsoft Edge Canaryビルドの一部のユーザーだけに公開されている状況ですが、パラメーターを使用することで誰でも試すことが可能であることがわかりました(gHacks)。

以下の手順を実行します。

  • Edge Canaryのショートカットをデスクトップに作成。
  • ショートカットを右クリックしてプロパティを選択。
    S 20210413 104819
  • 「リンク先」の末尾に以下の文字列を追加。
    --enable-features=msWorkspaces
    
  • OKボタンをクリック。

作成したショートカット経由でEdge Canaryを起動するとワークスペースが有効となります。

S 20210413 110418

▲ウィンドウ左上のワークスペースアイコンをクリックすることで、新しいワークスペースを作成したり、作成済みのワークスペースを切り替えることが可能です。

Microsoft Edgeでは将来的に、タブグループとワークスペースという2つのタブ管理機能が利用可能になると予想されています。