Linux 5.10 LTSがリリース - 5.10.1も立て続けに公開

S 20201215 103530

Linux開発者のLinus Torvalds氏は12月13日(UTC)、Linux mainline Kernelの最新版「Linux 5.10」リリースしたことを発表しました(Phoronix)。最新版は2020年最後のリリースであることに加え、少なくとも今後5年間保守されるLTS(長期サポート)カーネルとして位置づけられています。

Linux 5.10では、Intel Rocket LakeやAlder Lakeの初期サポートの追加や、Intel Gen12/Xeグラフィックスの改善、ストレージ/ファイルシステムの改善、新しいハードウェアのサポートなどが行われています。新機能の概要はこちらで確認可能です。

また5.10のリリース後すぐに不具合修正版の5.11がリリースされていて、RAID1とRAID10のRAID DISCARD制限に関する以前の修正を元に戻す変更と、MDコードのチャンクセクタ変数を"unsigned int"から"int"に修正する変更が含まれているそうです。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。