Linux 5.13がリリース - Apple M1のサポートが追加

S 20210629 103955

Linux開発者のLinus Torvalds氏は6月28日(現地時間)、Linux mainline Kernelの最新版「Linux 5.13」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。カーネルのコードネームは「Opossums on Parade」となっています。

Linux 5.13では、Apple M1の初期サポートが追加されました。サポートは基本的なもので、まだアクセラレーショングラフィックスには対応しておらず、今後に多くの課題が残されています。Landlock LSMやClang CFIのサポート、システムコール毎にカーネルのスタックオフセットをランダム化するオプションなど、新しいセキュリティ機能も搭載されています。

AMDでは、FreeSync HDMIのサポート、Aldebaranの初期導入などが行われており、Intel向けでは、Alder Lakeへの取り組み、新しい冷却ドライバ、ディスクリート・グラフィックスの導入などが行われています。また、IO_uring の高速化、汎用 USB ディスプレイドライバ、その他の新しいハードウェアへの対応なども行われています。

新機能の概要はこちらで確認可能です。

S icon タイトル Linux Kernel (mainline)
公式サイト http://www.kernel.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2041-linux-kernel-mainline
説明 現在開発中のLinux Kernel。