Microsoft Edgeで自動HTTPSモードのテストが始まる

S 20201212 203234

Microsoft Edge Canaryの最新版で、WebサイトやWebサービスに接続する際にHTTPS接続を強制的に使用することができる「自動HTTPS」と呼ばれる新たなブラウジングモードが追加されたことが分かりました(gHacks)。

現在多くのWebサイトがHTTPSをサポートしていますが、HTTPSのみではなく、HTTPとHTTPSの両方をサポートしているサイトが存在します。後者のサイトでHTTPSへのリダイレクトが設定されていない場合、この機能によってHTTPS接続を利用し、セキュリティが向上することが期待できます。

自動HTTPSは現在2つのモードをサポートしており、HTTPSをサポートしている可能性が高いWebサイトでのみHTTPSに切り替えるモードと、常にHTTPからHTTPSに切り替えるモード(接続エラー発生する可能性がある)が存在します。

試験的機能として実装されていて、フラグを有効に設定することで使用することができます。フラグの設定方法は以下の通りです。

  • edge://flags/#edge-automatic-httpsを開く。
  • 設定を「Enabled」に変更して再起動。

フラグ設定後はEdgeのプライバシー設定画面(edge://settings/privacy)の、「自動HTTPSを使用してセキュリティで保護された接続に自動的に切り替える」で機能の有効・無効を切り替える事が可能です。

Edge settings

スポンサーリンク