Microsoft、Win32 APIをC#やRustから利用しやすくするwin32metadataプロジェクトを開始

Microsoft Windows Win32 APIs

Microsoftは本日、より多くのプログラミング言語からWin32 APIにアクセスしやすくするための「win32metadata」プロジェクトを発表しました(MSPoweruser)。

Win32 APIは、Windowsデスクトップアプリを作成するためのWindowsのネイティブAPIです。従来CやC++からは容易にアクセスすることができましたが、C#やRustなどその他のプログラミング言語から利用する場合、ラッパーやバインディングを手動で定義する必要がありました。

win32metadataプロジェクトは、Win32 APIのメタデータを提供し、できるだけ自動化された方法で、任意の言語のプロジェクションを作成し、メンテナンスのオーバーヘッドを最小限に抑えることを目的としています。

プロジェクトによって作成されたWin32 APIのメタデータはNuget.orgに公開され、開発者はWin32 APIを言語プロジェクションを利用して、Win32 APIを呼び出すことが可能となります。

Microsoftは、言語プロジェクトションとして、C#C++Rustの3つを準備しています。

win32metadataプロジェクトの詳細はロードマップFAQでも説明されています。

スポンサーリンク