Nintendo SwitchがBluetoothオーディオに対応 - システムバージョン13.0.0以降

Youtube

任天堂は9月15日、Nintendo Switchのシステムバージョン13.0.0の配信を開始し、Bluetoothオーディオに対応したことを発表しました(CNET Japan)。

Bluetoothオーディオ機能をサポートしたことにより、これまでUSBドングルが必要だったBluetooth対応のヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどをNintendo Switchと直接接続して使用できるようになります。

なおBluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできず、Bluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していないという制限が存在します。また、Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があるとの注意も掲載されています。

Bluetoothオーディオは、プロファイル「A2DP」、コーデック「SBC」に対応し、初めて接続する場合以下の手順でペアリングを実行します。

  • 接続したいBluetoothオーディオを、ペアリングできる状態にする。
  • Switch本体のHOMEメニュー「設定 > Bluetoothオーディオ > 登録する」を洗濯する。
  • 接続したい機器名が表示されたら選択する。

登録完了後、本体とBluetoothオーディオが自動的に接続されます。

なお13.0.0ではこのほか以下のような修正も行われています。

  • 「本体」に「ドックの更新」が追加されNintendo Switchドックのソフトウェアを更新できるように。
  • 「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」の追加。
  • 「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」において、補正の開始方法を変更。
  • 「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できるように。

詳細はリリースノートで確認可能です。