Parallels 16 for M1 Mac Technical Preview 2が公開 - 仮想マシンのサスペンドとレジュームが可能に

Mac mini macbook pro macbook air m1

Parallelsは本日、M1 Mac用の仮想化ソフトウェア「Parallels 16 for M1 Mac」のテクニカルプレビュー版「Parallels 16 for M1 Mac Technical Preview 2」をリリースしました(MacRumors)。昨年12月に公開されたTechnical Preview 1のアップデート版で、仮想マシンのサスペンドとレジュームがサポートされたほか、全体の安定性が向上しています。

リリースノートは以下の通りです。

New features
- Added support for suspending and resuming a virtual machine.
- Support for installing Parallels Tools in the following Linux distributives: Ubuntu 20.04 or later, Debian 10.7 or later, and Fedora Workstation 33-1.2 or later.
- Compatible Linux installation images are now automatically detected in the Installation Assistant.

Improvements
- Improved overall stability.
- Resolved the issue with ARM-based Linux ISO images being recognized as Intel-based ones.
- Resolved the issue with missing sound when a virtual machine is created from a VHDX image.
- Resolved the issue with not being able to select an ISO image as an installation source when VHDX is specified in the drop-down menu.

Known issues
- During the Parallels Tools update, the virtual machine's screen may freeze for several minutes, please simply wait.

M1 Mac対応のParallelsでは、Windows Insider Programで提供されているARM版のWindows 10を実行することができます。ただし現在のところARM版Windows 10のライセンスは販売されていません。

またIntel x86ベースのOSをインストールすることはできず、ARM32アプリケーションが動作しないという制限もあります。Parallels自体も現在リリースされているバージョンはM1に対応していないため、テクニカルプレビュープログラムに参加してプレビュー版を使用する必要があります。

スポンサーリンク