Parallels 16 for M1 Macのテクニカルプレビュー版が公開

M1 mac windows

Parallelsは本日、M1チップ搭載のMacに対応した仮想化ソフト「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip (Apple Silicon)​」のテクニカルプレビュー版を公開しました(MacRumors)。

Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip (Apple Silicon)​は、Intel x86ベースのOSを実行することはできず、ARM版のOSのみを実行することが可能です。

MicrosoftがWindows Insider Program向けに公開しているARM版Windows 10のプレビュー版利用し、M1 Mac上でWindows 10を実行することができるようになります(ただし、現在のところARM版Windows 10の単体ライセンスは販売されていません)。

テクニカルプレビュー版には以下のような制限が存在します。

  • 仮想マシンにIntel x86 ベースのオペレーティングシステムをインストールしたり起動したりすることはできない。
  • スナップショットに戻す事を含め、仮想マシンのサスペンドやレジュームはできない。
  • 仮想マシンの実行中に閉じるボタンを使うことはできない(仮想マシンをシャットダウンする必要あり)。
  • ARM32アプリケーションは仮想マシンで動作しない。

ARM版Windows 10のライセンス問題は残っていますが、M1 MacでWindowsを実行したい方にとっては今後も注目のソフトウェアとなりそうです。