PHP 8.1 Alphaが公開 - enum、fsync、fibersのサポートなど

S 20210702 101441

スクリプト言語「PHP」の次の年次機能リリースにむけ「PHP 8.1」のアルファ版が6月に公開されています(Phoronix)。

PHP 8.1は昨年のPHP 8.0に続く大きなリリースで、以下のような新機能が追加されています。

  • PHPのenum(列挙型)がサポートされた。
  • OSがデータやメタデータの変更をストレージに書き出すことを確実にするfysnc()やfsyncdata()関数のサポート。
  • PHPの非同期サポートを改善するためのfibersのサポート。コールスタックを汚さずにPHP関数を割り込み可能にし、既存のインターフェイスの透過的なノンブロッキングI/Oの実装をサポートする。
  • より多くのPHPリソースがオブジェクトに移行。
  • PHP-FPMがmacOSでのプロセス名変更をサポート。
  • PHPのハッシュインターフェースでMurmurHash V3 およびxxHashをサポートしました。
  • PHP SodiumがXChaCha20ストリーム暗号関数およびRistretto255関数をサポート。
  • PHPのOPcacheに継承キャッシュが追加された。
  • パフォーマンスの最適化の継続。

現在アルファ版は「PHP 8.1 Alpha 2」まで公開されていて、Alpha 3は来週公開予定です。7月後半に機能フリーズされ、8月中旬までに3つのベータ版がリリース、9月初旬にリリース候補が公開されます。正式版は11月末に公開予定です。

新機能の詳細はUPGRADINGなどで確認可能です。