PostgreSQL 14がリリース - パフォーマンスの改良が進む

S 20211001 105433

The PostgreSQL Global Development Groupは9月30日(現地時間)、オープンソースのデータベースソフト「PostgreSQL」の最新版「PostgreSQL 14」をリリースしました(Phoronix)。

PostgreSQL 14ではパフォーマンスを向上させるための改良が多数行われていて、並列クエリや、ヘビーコンカレントワークロード、パーティショニングテーブル、論理的レプリケーション、バキュームなどの最適化が進められています。

B-treeインデックスの更新の効率化が行われ、libpqには複数のクエリをパイプライン化する機能が追加され、高レイテンシの接続でのスループットが向上しています。ストアドプロシージャはOUTパラメータ経由でデータを返すことができるようになり、SQL標準のSEARCHおよびCYCLEオプションのサポートや、範囲型のマルチレンジのサポートも行われています。

PostgreSQL 14.0の新機能の詳細はリリースノートで確認可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる