Microsoft、ローコード言語「Power Fx」を発表

S 20210303 204318

Microsoftは3月2日(現地時間)、Ignite 2021カンファレンスで、Power Platform向けのローコードプログラミング言語「Power Fx」を発表しました(Neowin)。

Power PlatformはMicrosoftが提供するクラウドサービスで、業務向けアプリを、できるだけコードを書かずに作成することを目的としています。Power FxはPower Platform上のロジックをカスタマイズするためのローコード(できるだけコードを書かない)プログラミング言語と位置づけられ、Excelをベースとしています。

当初はPower AppsサービスでCanvasアプリを開発するために使用できますが、将来的にはPower Platform全体で使用できる統合言語になることを目指して開発が進められています。ソースコードは今年後半にGitHubで公開される予定です。

Power Platformの他のコンポーネントも改良が進められており、Power Virtual Agentsはよりスマートなチャットボットを構築するために役立つ新しいAI機能が追加され、Power BI PremiumはGen 2にアップグレードされ、処理の高速化や、ライセンス管理の柔軟性の改善、オートスケール機能の追加など、さまざまな新機能が追加されています。またPower Automate DesktopはWindows 10ユーザー向けに無料で提供されています。

スポンサーリンク