PowerToys Experimental version 0.24がリリース - ビデオ会議ミュートツールの不具合が修正

Logo

Microsoftは10月13日(現地時間)、Windows 10用のオープンソースの生産性向上ツール「PowerToys」の実験版「PowerToys Experimental version 0.24」をリリースしました(Neowin)。

最新版はv0.23.2の内容に加え、ビデオ会議ミュート機能の不具合等が修正されたものとなっています。ビデオ会議ミュート機能は実験版のv0.22で追加された機能で、画面上のツールバーやホットキーを利用し、実行中のビデオ会議の動画や音声を素早くミュートすることができるというものです。Microsoftはこの機能の正式公開にむけ、積極的な開発作業を続けています。

v0.24の変更内容は以下の通りです。

Software/Hardware compatibility:

Camera overlay image:

  • image dialog doesn't work when running settings as admin

Status toolbar:

  • it shows always, even when the option to hide it is on
  • it always use the light theme
  • always open on startup even when disabled #6396

Microphone:

  • not all microphones are muted
  • offer option to select which microphone to mute

Settings UI:

  • settings info for hotkeys valid modifiers - #6246 (comment)
  • Fixed possible crash in PowerToys when the module is turned off

Code cleanup:

  • move VideoConferenceViewModel.cs from Settings.UI to Settings.UI.Lib
  • move toolbar out of the VideoConferenceSettings

Telemetry:

  • add telemetry for settings

Microsoftは、インストール時にドライバーが許可を求めるプロンプトを出すためWeinGetでこのバージョンは提供されないと説明しています。version 0.23以上を実行しているユーザーにはアップデートのプロンプトは表示されず、次のメジャーアップデートは0.25となります。

スポンサーリンク