Safari 15がリリース - macOS Big Sur/macOS Catalina向け

S 20210921 115711

Appleは本日、macOS Big SurおよびmacOS Catalina向けにSafariのメジャーバージョンアップ版「Safari 15」をリリースしました(MacRumors)。

Safari 15では、丸みを帯びたタブなどSafariの外観が刷新されたほか、透明度のサポートや、オン/オフの切り替えが可能なコンパクトなタブバーオプションの追加、タブグループ機能の追加などが行われています。

Safari 15のリリースノートは以下の通りです。

Safari

Safari 15では、より高速なパフォーマンス、セキュリティの改善、および以下の新機能が提供されます:

• タブグループにより複数のタブを保存し整理できるようになります。タブグループはほかのデバイスから簡単にアクセスできます
• 刷新されたタブは、角が丸く、境界がはっきりした外観となり、Webページのカラーが反映されます
• “コンパクト”のタブバーオプションを使用すると、画面上により多くのWebページを表示できます
• HTTPSアップグレードにより、WebサイトがHTTPSに対応している場合、HTTPからより安全なHTTPSに自動的に切り替わります

Safari 15は、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」からインストール可能です。なおSafari 15があらかじめ組み込まれたmacOS Montereyのリリース時期はまだ未定ですが、14インチおよび16インチのMacBook Proの新モデルの発表に合わせ、10月にリリースされる可能性があると予想されています。