Microsoft、Skype for WebでSafariをサポート対象外に

S 20190310 94655

Microsoftは先日、Skype for Web刷新しましたが、その際、SafariやFirefoxなど従来サポートされていたブラウザがサポート対象外に変更されていた事がわかりました(9to5Mac)。

MicrosoftがVentureBeatに対して提供したコメントによると、Skype for Webはブラウザごとに異なる実装が行われている「通話およびリアルタイムメディア」フレームワークを使用しているそうで、Microsoft EdgeとGoogle Chromeのサポートを優先することにしたとのこと。

A Microsoft spokesperson said the service requires “calling and real-time media” technology that is “implemented differently across various browsers.” So the company “decided to prioritize bringing Skype to [the] web on Microsoft Edge and Google Chrome based on customer value.

ただしMacでもChromeを使用すれば問題無くSkype for Webを使用可能なのに加え、デスクトップ版のSkypeアプリを使用することもできるため、Skypeをユーザーに大きな影響は与えない変更かもしれません。