「Top Programming Languages in 2014」(Codeanywhere調べ)の結果

NewImage

世界中には数多くのプログラミング言語が存在し、どのプログラミング言語が本当にクールで使えるプログラミング言語なのか、調べだすと終わりがない問題かもしれません。

オンラインの統合開発環境を提供しているCodeanywhereは、この問題を解くためのヒントとして、実際にCodeanywhereで使用されているプログラミング言語の人気調査を行い、結果を「Top 10 Programming Languages in 2014」として公表しました(Reddit)。

上のグラフがその結果のグラフです。

  • HTML/JS/CSS: 35.50%
  • PHP: 27.63%
  • Python: 11.72%
  • C/C++: 9.85%
  • Node: 9.97%
  • Ruby: 4.87%
  • Other: 0.46%

栄えある1位はHTML/JS/CSS。2位はPHP、3位はPythonとなっています。Codeanywhereではいくつかのプログラミング言語(例えばJava)を完全にはサポートしておらず、また利用者は圧倒的にWeb開発者が多いことが、結果に影響しているだろうと指摘しています。

NewImage

また、IEEE Spectrumが行った人気プログラミング言語の調査結果も併記されています。こちらの調査では、Codeanywhereランキングには入っていないJavaやC#などが顔を出し、だいぶ傾向が違っていることがわかります。

一つの調査結果だけでどのプログラミング言語が人気があると言い切ることはできませんが、複数の結果を見比べると人気のあるプログラミング言語の傾向がわかってきて興味深いです。

スポンサーリンク