Ubuntu 21.10がリリース - GNOME 40を含む多数の変更

S 20211015 104100

Canonicalは10月14日(現地時間)、Ubuntu Linuxの最新版「Ubuntu 21.10」をリリースしました(公式ブログPhoronix)。

Ubuntu 21.1は無償セキュリティアップデートが最低9ヶ月間提供される通常版で、次の長期サポート版である「Ubuntu 22.04 LTS」前の最後のリリースということになります。

Ubuntu 21.10では、GNOME Shell 40の導入によるデスクトップの改良が行われています。またカーネルやコンパイラのアップグレード、PHP 8やGCC 11の導入など、多数のパッケージのバージョンアップが行われています。

主な新機能は以下の通りです。

  • GNOME Shell 40がデフォルトのデスクトップに。
  • 既存のAPTベースのFirefoxパッケージに代わって、Firefox SnapをデフォルトのWebブラウザとして採用。
  • 最新のNVIDIAプロプライエタリドライバがWaylandで使用可能に。
  • アーカイブ内のDebianパッケージを圧縮するためのZstd圧縮が利用可能に。
  • PHP 8.0が利用可能に。
  • Linux 5.13の採用。
  • GCC 11がデフォルトのシステムコンパイラに。
  • Mesa 21.1の導入。

Ubuntu 21.10はUbuntu.comからダウンロード可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる