64bit化されたVisual Studio 2022 Preview 1が公開

S 20210618 105038

Microsoftは6月17日(現地時間)、Visual Studio 2022の最初のプレビュー版である「Visual Studio 2022 Preview 1」を公開しました(Visual Studio Blog窓の杜)。

Visual Studio 2022 Preview 1は64bit化が最大特徴で、32bit版は提供されません。プレビュー版の目的も64bitプラットフォームのスケーラビリティをテストし調整することにあると説明されています。

64bit化によってVisual Studioのスケーリングが可能になり、システム・リソースをすべて利用できるようになります。複雑なソリューションを扱う場合や、Visual Studioを長時間使用する場合に信頼性が向上することが期待できます。

また以下のUIの変更も行われています。

  • アイコンが更新され、わかりやすさ、読みやすさ、コントラストが向上。
  • 読みやすさと合字をサポートする新しい固定幅フォント「Cascadia Code」。
  • 刷新された改良版の製品テーマ。
  • Accessibility Insightsとの統合により、アクセシビリティの問題がエンドユーザーに伝わる前に、早期に検出できるようになった。

Visual Studio 2022はMac版も提供され、.NET 6とWeb、クライアント、モバイルアプリケーション用の統合フレームワークを完全にサポートする予定です。

Visual Studio 2022のプレビュー版は、Community、Pro、Enterpriseエディションが提供され、従来のバージョンと並行してインストールすることが可能です。

スポンサーリンク