Windows Terminal Preview 1.11がリリース - アクリルタイトルバーなど多数の新機能が追加

Acrylic tab row

Microsoftは本日、Windows Terminal Preview 1.11(プレビュー版)とWindows Terminal 1.10(安定版)をリリースしました(Windows Command Line)。以前のプレビュー版のほとんどの機能が安定版に採用されているものの、デフォルトターミナル設定や、編集可能なアクションページ、設定UIのデフォルトページなど一部の機能は省略されています。

Windows Terminal Preview 1.11の新機能としてはまず、タイトルバーのアクリル効果があげられます。アクリル効果は、外観の設定はsettings.jsonのグローバル設定で「"useAcrylicInTabRow": true」を使用して有効にすることができます。設定を有効にすることで、Windows 11のようなモダンな外観が実現されます。

ターミナルをシステムトレイに最小化することができる機能も追加され、新機能のためにminimizeToTrayとalwaysShowTrayIconという設定が追加されています。

intenseTextStyleプロファイル設定を使用して、ターミナルで強調テキストの表示方法を選択できるようになりました。スタイルは、太字、明るい色、太字と明るい色の両方、またはスタイリングを追加しないように設定できます。現在の設定は、設定UIの「プロファイルの外観」ページでも確認できます。

その他、「+」ボタンにディレクトリをドラッグ&ドロップすることができる機能が追加されました。デフォルトでは新しいタブが開き、Altキーを押しながら実行すると新しいペインに、Shiftキーを押しながら実行すると新しいウィンドウに表示されます。

Unfocused appearance

その他ペインを移動したり、タブ内で入れ替えたりすることができる新しいアクションや、設定UIの追加など多数の新機能が追加されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる