Wine 6.0正式版がリリース - PEモジュールやDirect3D関連など多数の改善点

S 20210115 102236

Wine開発プロジェクトは1月14日(現地時間)、LinuxやmacOSでWindowsアプリケーションを動作させるためのソフトウェア「Wine」の最新版「Wine 6.0」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

Wine 6.0は、約1年間の開発期間を経てリリースされたWineのメジャーバージョンアップ版で、8,300以上の変更点が含まれています。

主な変更点は以下の通りです。

  • PEフォーマットで実装されたコアモジュール
  • WineD3DのためのVulkanバックエンド
  • DirectShowとMedia Foundationのサポート
  • テキストコンソールの再設計

その他、Raw入力デバイスのサポート、USBカーネルドライバの初期サポート、様々なVulkanサポートの改善、XRandR 1.4を介したディスプレイ設定のアクセス、WebSocket APIのサポート、macOSでのARM64の初期サポート、様々な開発者ツールの強化などが行われています。

変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Wine 安定版
公式サイト http://www.winehq.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2051-wine-stable
説明 WindowsAPIをエミュレートしてWindowsアプリを実行するソフトウェア。Linux/Macに対応。

スポンサーリンク