【Tips】Windows 10でiCloudのマイフォトストリームを無理矢理使用する方法

2021 06 05 184516

Windows 10では「iCloud for Windows」と呼ばれるソフトウェアを使用して、AppleのiCloudサービスを利用することができます。

従来、iCloud for Windowsの「写真」のオプションから、機能の一つである「マイフォトストリーム」を有効にすることができたのですが、記事執筆時、Microsoft Storeからダウンロードできる「iCloud」アプリではこのオプションが削除されている模様です。

Appleのサポートドキュメントには「Windows 用 iCloud 10 以降では、マイフォトストリームは利用できません」という文章が含まれており、いつの間にか仕様が変更されたのかもしれません。

しかしiCloud for Windowsの古いバージョンを使用すれば、今でもWindows 10で無理矢理マイフォトストリームの機能を使用することができます。

以下その方法を説明します。

Windows 7/8用のiCloud for Windowsを使用

事前にMicrosoft StoreからインストールしたiCloudアプリをアンインストールしておきます。

次にAppleの「Windows 用 iCloud をダウンロードする」ページからから、Windows 7およびWindows 8用のiCloud for Windowsをダウンロードします。

Download

▲上記リンクからダウンロードできます。ただし、手元の環境ではChromeの保護機能が働き左クリックではダウンロードすることができませんでした。右クリックして「名前をつけて保存」を選び、継続することで保存できます。

2021 06 05 184450

▲インストール後「写真オプション」を開くと、「自分のフォトストリーム(マイフォトストリーム)」のチェックボックスが存在することが分かります。チェックを入れて有効にするとマイフォトストリームに存在する写真が自動的にダウンロードすることが確認できました。

Windows 10でマイフォトストリームを使用する具体的な手順などは以下の記事でも説明しています。

iPhoneやiPadで撮影した写真やスクリーンショットを、MacやWindowsと共有することができる「マイフォトストリーム」機能。 マイフォトストリームに保管されるのは3

まとめ

Windows 10のiCloud for Windowsでマイフォトストリームが利用できない場合、Windows 7/8用の古いiCloud for Windowsをインストールする方法が使えます。

今後のサポートに関しては不安があり、ソフトウェアが自動で更新されるというMicrosoft Storeの恩恵も受けることもできませんが、どうしてもマイフォトストリームが使いたい場合、検討してみても良いかもしれません。