Windows Subsystem for Linux(WSL)をワンコマンドインストールする方法

S 20210802 143514

Windows 10では「Windows Subsystem for Linux(WSL)」を使用して、Linuxを実行する事が可能です。

WSLの改善は現在も続けられており、最近公開されたWindows 10 Version 2004/20H2/21H1環境向けのオプションアップデートKB5004296を適用すると、一つのコマンドを実行するだけで、WSLのセットアップを完了することが可能となっています。

S 20210802 131108

以下その方法を具体的に説明します。

なお、この機能は2020年10月にWindows Insider Program参加者向けに公開されたWindows 10のプレビュー版で先行して実装されており、Windows 10の製品版に機能がバックポートされたとのことです(Windows Command Line)。

目次

wsl --installを実行

ワンコマンドでWSLをインストールするにはKB5004296以降の更新プログラムを適用することが必要です。KB5004296は7月末に公開されたプレビューアップデートなので2021年8月以降の月例更新プログラムに改良が取り込まれると思われます。

WSLをインストールするには管理者権限でコマンドプロンプトを開き「wsl.exe --install」を実行します。引数なしの場合デフォルトのLinuxディストリビューションである「Ubuntu」がインストールされます。

wsl --install

利用可能なLinuxディストリビューションを表示するには、以下のコマンドを実行します。

wsl --list --online

現在以下のLinuxディストリビューションが利用可能です。

  • Ubuntu Ubuntu
  • Debian Debian GNU/Linux
  • kali-linux Kali Linux Rollin
  • openSUSE-42 openSUSE Leap 42
  • SLES-12 SUSE Linux Enterprise Server v12
  • Ubuntu-16.04 Ubuntu 16.04 LTS
  • Ubuntu-18.04 Ubuntu 18.04 LTS
  • Ubuntu-20.04 Ubuntu 20.04 LTS

Ubuntu以外のディストリビューションをインストールする場合、ディストリビューション名を指定します(例: wsl --install -d Ubuntu)。

wsl --install -d <ディストリビューション名> 

WSLのLinuxカーネルを更新する事もできます。

wsl --update

カーネルの更新を取り消す事も可能です。

wsl --update rollback

WSLの状態を確認するコマンドも追加されています。

wsl --status

なおこのコマンドを実行すると、WSLのVersion 2がインストールされます。インストール後「wsl --status」を実行することでWSLの状態を確認することが可能です。

S 20210802 143540

まとめ

最新のwslコマンドをインストールすると、ワンコマンドでWindows 10上にLinux環境をセットアップすることができます。興味のある型は試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる