【Tips】MacPortsを完全アンインストールする方法

S 20210330 202814

Macのパッケージ管理システム「MacPorts」。

長い歴史を持ち、安定して動作する開発者向けのオープンソースソフトウェアですが、最近はより手軽に使用できる「Homebrew」の人気が高まってきています。

今回はHomebrewへの移行といった、パッケージ管理システムの乗り換えなどを計画している方向けに、MacPortsを完全アンインストールする方法を紹介したいと思います。

公式サイトの方法

MacPortsのアンインストール方法は、公式ドキュメントの「Uninstall MacPorts」が参考となります。

以下の手順で実行します。

インストール済みportsをすべてアンインストール:

$ sudo port -fp uninstall installed

ユーザーとグループの削除:

$ sudo dscl . -delete /Users/macports
$ sudo dscl . -delete /Groups/macports

残りの削除:

$ sudo rm -rf \
    /opt/local \
    /Applications/DarwinPorts \
    /Applications/MacPorts \
    /Library/LaunchDaemons/org.macports.* \
    /Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg \
    /Library/Receipts/MacPorts*.pkg \
    /Library/StartupItems/DarwinPortsStartup \
    /Library/Tcl/darwinports1.0 \
    /Library/Tcl/macports1.0 \
    ~/.macports

これで完了です。

S 20210330 203126

ただし最後のコマンドは、標準のインストール場所を使用している場合に有効です。prefix(/opt/local)やapplications_dir(Applications/MacPorts)、frameworks_dirを変更している場合は、実際のものと置き換える必要があります。

まとめ

MacPortsを完全アンインストールする方法を説明しました。つい「rm -rf /opt/local」だけで済ませそうになりますが(?)、システムに余計な情報を残したくない場合、上記の手順に従うと良さそうです。

スポンサーリンク