【Tips】Google Chromeのタブグループを使用する方法

S 20200423 200623

現在モダンなWebブラウザの多くはタブ型のインターフェイスを採用しています。

タブ型ブラウザではタブを分かりやすく管理する機能が重要で、Googleの開発するWebブラウザChromeも例外ではありません。

実際Google Chromeの最新安定版v81ではタブをグループにまとめて分かりやすく管理することができる「タブグループ」機能が追加され、タブ管理の新しい方法として期待を集めています。

以下タブグループ機能の使用方法を説明します。

目次

タブグループの使用方法

タブグループ機能はChrome v81でロールアウトされましたが、環境によっては使えない場合もあるようです。その場合「chrome://flags/#tab-groups」を表示し、設定を「Enabled」に変更すると使えるようになります。

タブグループが有効な場合、タブを右クリックすると、以下のようなコンテキストメニューが表示されます。

Usage1

▲「新しいグループに追加」を選ぶと、選択したタブがグループに追加されます。グループの名前はWebサイトのタイトルから自動的につけられます。

Usage2

▲他のタブを選択して右クリックし「既存のグループに追加」から先ほど作成したグループを選択すると、そのタブグループにタブが追加されます。

ドットアイコンをクリックすると、タブグループのメニューが表示されます。

Usage3

▲タブグループの名前を変更したり、タブグループの色を変更する事ができます。「グループにタブを追加」を選ぶとグループに属する新しいタブを表示できます。グループを解除したり、グループに含まれるタブをまとめて閉じることもできます。

その他ドットアイコンをドラッグしてグループをまとめて移動したり、タブをグループ内外に移動することでタブをグループに追加したり、グループから削除したりすることもできます。

まとめ

Google Chromeのタブグループ機能を説明しました。現在タブグループを利用してできる事は少ないのですが、今後の機能の拡充に期待できそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる