【Tips】SeaTools for Windowsを使用してHDDが故障していないか確認する方法

Seatools

HDDはSSDと比較すると故障する頻度が高く、正常に動作しているのか不安に感じる場合も多いと思います。

Windowsを使用している場合、ストレージ製品の自己診断機能である「S.M.A.R.T.」情報をわかりやすく表示する「CrystalDiskInfo」などのツールを利用して概要を把握することができますが、より詳細な状態を確認したい場合もあるかもしれません。

その場合HDDのベンダが提供している専用ツールを使用すると便利です。

今回はSeagateが提供している「SeaTools」を使用して、HDDの状態を確認する方法を説明します。

SeaTools for Windowsを使用するための準備

SeaTools for Windowsは、Seagate製HDDのチェックにしか使えません。しかもこちらの情報によると、USB接続ではだめで、内蔵HDDとして接続(SATA接続)していないとうまく動作しないようです。

手元の環境でもUSB接続ではうまく動作しませんでしたので(最初は認識するものの、ツールを実行するとドライブが認識されなくなる現象が発生)、内蔵HDDとして接続しておきましょう。

SeaTools for Windowsの使用方法

SeaToolsを公式サイトから入手します。SeaToolsはさまざまなタイプが提供されていますが、ここではWindowsから直接実行出来る「Windows版SeaTools(SeaTools for Windows)」をダウンロードします。

インストール後、ツールを実行すると以下のような許諾画面が表示されます(毎回表示されます)。

S 20210331 152310

▲「同意します」ボタンをクリックします。

Basic test

▲Seagate製HDDにチェックを入れ「ベーシックテスト」をクリックします。

S 20210331 152641

▲実行したいテストを選びます。だいたいメニューの上の方にあるテストが軽いテスト、下の方にあるテストが重いテストとなっているようです。

公式ドキュメントでは以下のように説明されています。

  • S.M.A.R.T.チェック: S.M.A.R.T.を利用したチェック。
  • ショートセルフテスト: 20から90秒必要。ファームウェアに組み込まれた診断ルーチンを実行。
  • ショートリードテスト: 外部スキャン、内部スキャン、ランダムの3部構成のテスト。
  • ロングリードテスト: 完了まで数時間。1%ずつ進行。
  • アドバンスドテスト: データが破壊される場合もある上級者向けテスト。

例えば簡単に終了する「S.M.A.R.T.チェック」を選ぶと以下のような結果が表示されます。

Result

テストの状況が100%になり、ドライブの状況が「パース(Pass)」と表示されれば正常です。

より徹底したテストを実行すると、例えば「ロングリードテスト」を選択した場合、8TBのHDDでは終了まで半日以上かかりました。時間の余裕があるときに実行することをおすすめします。

まとめ

SeaTools for Windowを利用すれば、Seagate製HDDの健康状態をチェックすることができます。故障が確認できた場合、RMA制度を利用してHDDを交換できる可能性もありますので、気になる場合はチェックしてみることをおすすめします。