【Tips】Windows 10 Version 2004/20H2で日本語IMEのキー設定を細かくカスタマイズする方法

S 20201111 152745

MicrosoftはWindows 10 May 2020 Update(Version 2004)で新しい日本語IMEを導入しました。

新しいバージョンの日本語IMEは、安定性とセキュリティが向上し、ユーザーインターフェイスや設定も刷新されていますが、従来のIMEに存在した一部の機能が利用できなくなっています。

例えば好みのキーボードショートカットにIMEのオンやオフ、その他各種変換操作を細かく割り当てることができる事ができる「キー設定」画面は呼び出すことができなくなっているのです。

今回はキー設定機能が必要な方のため、以前のバージョンのIMEを使用する方法を説明します。

設定画面から以前のバージョンのIMEに戻す

以前のバージョンのMicrosoft IMEに戻すには設定画面を利用します。

タスクバーのIMEアイコン(「あ/A」アイコン)を右クリックして「設定」を選ぶか、設定画面で「IME」を検索し、Microsoft IMEの設定画面を表示します。

Legacy ime

▲「全般」で「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンに変更します。

Romaji

▲以前のバージョンのMicrosoft IMEで「キー設定」画面を呼び出すには、IMEアイコンを右クリックして「プロパティ」画面を表示し、「詳細設定 > ローマ字設定の変更ボタン > キー設定タブ」を選びます。

まとめ

Windows 10 Version 2004/20H2で日本語IMEのキー設定画面を呼び出すには、設定画面で「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにします。新しいIMEのキー設定機能に満足できないという方は、試してみてはいかがでしょうか。