Chrome 85で再び完全なURLが表示されなくなるオプションが追加される

S 20200615 114316

Googleは近年、Chromeのアドレスバーで完全なURLを表示しないテストを行っています。Chrome 76で"www"や"https"を非表示するという変更を導入したのに続き、Chrome 85では、ドメイン以外の全ての部分を非表示にする試験的機能を導入している事がわかりました(androidpolice)。

現在Chrome Dev/Canaryチャンネルで展開されているChrome 85には「Omnibox UI Hide Steady-State URL Path, Query, and Ref」というフラグが追加されていて、これを有効にすると例えば「https://www.softantenna.com/softwares/6967-gnu-emacs」を表示した場合、アドレスバーには単に「softantenna.com」と表示されるようになります。

S 20200615 114130

さらに二つの補助的なフラグも追加されていて、それぞれ以下のように説明されています。

  • Omnibox UI Hide Steady-State URL Path, Query, and Ref: In the omnibox, hide the path, query and ref from steady state displayed URLs. Hidden portions are restored during editing. – Mac, Windows, Linux, Chrome OS, Android
  • Omnibox UI Reveal Steady-State URL Path, Query, and Ref On Hover: In the omnibox, reveal the path, query and ref from steady state displayed URLs on hover. Only has an effect when omnibox-ui-hide-steady-state-url-path-query-and-ref is enabled. – Mac, Windows, Linux, Chrome OS
  • Omnibox UI Hide Steady-State URL Path, Query, and Ref On Interaction: In the omnibox, hide the path, query and ref from steady state displayed URLs when the user interacts with the page. Only has an effect when omnibox-ui-hide-steady-state-url-path-query-and-ref is enabled. – Mac, Windows, Linux, Chrome OS

2番目、3番目のフラグは、最初のフラグが有効のときだけ効果があり、それぞれ「マウスオーバーで完全URLを表示する」「Webページを操作している時だけ完全URLを表示しない」という事を意味している模様です。

Googleがこれらの変更を推進している理由を説明されていませんが、完全なアドレスを表示すると、現在のサイトが正当かどうか判断するのが難しくなるという考えが根本にある模様です。

スポンサーリンク