MicrosoftがiOS 6.1でExchangeに接続したときに発生する問題にワークアラウンドを提供

iOS 6.1 デバイスでMicrosoft Exchange Serverに接続したときに発生する問題に対して、Microsoftよりとりあえずの回避策が提供されています(9to5mac)。

この問題は、iOS 6.1 デバイスでMicrosoft Exchange Serverに接続したときにCPUやメモリを大量に消費してしまうという問題です。iOS 6.1由来のバグらしく、Appleが修正してくれればそれで解決なのですが、それまで待てないときはMicrosoftのワークアラウンドを試してみると良いかもしれません(機械翻訳日本語版英語版)。

ざっと書き出すと以下のような手順になるようです。

  • 出席依頼などの予定表のアイテムを処理しない。またiOS 6.1デバイスを再起動する。これでもだめな場合は以下のいずれかを実行。
    • デバイスのパートナーシップを削除して再作成する。
    • iOS 6.1ユーザーのためにカスタム調整ポリシーを作成する。

スポンサーリンク