Apple、App Storeの手数料を15%に半減するApp Store Small Business Programを始動 - Epicの乱が影響か

S 20201119 120557

Appleは本日、小規模事業者やインディーズのデベロッパ向けにApp Store手数料率を従来の30%から15%に引き下げる「App Store Small Business Program」を発表しました(TechCrunch日本版)。

プログラムの対象となる基準は以下の通りとなっています。

  • App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル以内の既存デベロッパ、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられます。
  • 本プログラムの対象となるデベロッパの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用されます。
  • デベロッパの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15パーセントに下がります。

同プログラムは2021年1月1日より実施される予定で、詳細は12月初旬にあらためて発表されます。

スポンサーリンク