GitHubでついにダークモードが利用可能に。設定方法はこちら

S 20201214 93555

GitHubは先日オンラインで開催された年次カンファレンス「GitHub Universe」で、待望のダークモードが利用可能になったことを発表しました(Neowin)。

GitHubのダークモードはテーマ機能として実装されていた、従来の「Light」に加え、暗い外観の「Dark」、システムにあわせる「Default to system」が利用可能です。

以下の手順で変更できます。

  • GitHubに自分のアカウントでログイン。
  • 右上のアイコンをクリックし「Settings」を選ぶ。
  • 「Appearance」で「Dark」を選ぶとダークモードが有効になる。「Default to system」を選ぶとシステム設定に応じたテーマが選択される。

ターミナルなどで普段から暗いテーマを利用している開発者の方は、GitHubでもダークモードを利用してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク