AMD、Windows 11でパフォーマンスの問題が発生することを認識

S 20211007 95914

AMDは本日、同社のRyzenチップをWindows 11上で使用した場合、パフォーマンスが低下する既知の不具合が存在することを明らかとしました(MSPoweruser)。

AMDによると、既知の不具合は以下の2つです。

Known Performance Changes Impact Resolution
Measured and functional L3 cache latency may increase by ~3X.
  • Applications sensitive to memory subsystem access time may be impacted.
  • Expected performance impact of 3-5% in affected applications, 10-15% outliers possible in games commonly used for eSports.
  • A Windows update is in development to address this issue with expected availability in October of 2021.
UEFI CPPC2 (“preferred core”) may not preferentially schedule threads on a processor’s fastest core.
  • Applications sensitive to the performance of one or a few CPU threads may exhibit reduced performance.
  • Performance impact may be more detectable in >8-core processors above 65W TDP.
  • A software update is in development to address this issue with expected availability in October of 2021.

L3キャッシュレイテンシーが増加する問題と、AMDのプリファード・コアテクノロジーが最速コアにスレッドを適切にスケジューリングしない可能性があるという問題がリストアップされています。

AMDは、この問題に対処するソフトウェア・アップデートを準備中で、今月末までに配信される予定です。AMDのRyzenプロセッサを使用しているユーザーは、パッチが提供されるまで、Windows 11インストール・アシスタント等を使用して、Windows 11に強制的にアップデートするのは避けたほうがよさそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる