Microsoft、ブラウザの履歴をWindows 10と共有する機能をテスト中

S 20210322 210736

Edgeブラウザのプロファイル設定に、新しい同期項目が追加されていることがわかりました(MSPoweruser)。

Edge Canaryには、プロファイル設定の中に「Share browsing data with other Windows features(閲覧データを他のWindows機能と共有)」というトグルが追加されており(手元の環境では確認できませんでした)、機能をオンにすると、Windows検索ボックスなどから、Edgeの履歴や定期的に訪問するサイト、タブなどのデータを素早く見つけることができるとのことです。

以下のような情報が掲載されています。

Share browsing data with other Windows features

閲覧データを他のWindows機能と共有

When turned on, Microsoft Edge will connect local browsing data from this profile with the rest of Windows. Turning this feature on will help you find information from your history, favorites, top sites and recent tabs more easily using features such as Windows search box. If you turn off this feature Microsoft Edge will remove the data shared with Windows on the device and stop sharing any new browsing data from this profile.

この機能をオンにすると、Microsoft EdgeはこのプロファイルのローカルブラウジングデータをWindowsの他の部分と連携させます。機能をオンにすると、Windowsの検索ボックスなどの機能を使って、履歴、お気に入り、トップサイト、最近のタブからの情報をより簡単に見つけることができます。この機能をオフにすると、Microsoft Edgeは、デバイス上のWindowsと共有されているデータを削除し、このプロファイルからの新しいブラウジングデータの共有を停止します。

Windows 10のタイムライン機能はEdgeのデータを使用しているため、このトグルが今になってあらためて追加されたのは興味深い事実だと指摘されています。また、EdgeのデータがWindows検索に限定されず、アプリやWindows UIにパーソナライズされた広告を表示するためなど、ユーザーが意図しない用途に利用される可能性がある事が懸念されています。

スポンサーリンク