Windows 10 Version 21H1のテストを今すぐ開始する方法

S 20210220 211622

Microsoftは先日、Windows 10の次期機能アップデート「Windows 10 Version 21H1」を発表し、21H1が20H2と同様にイネーブルメントパッケージの形で提供されるマイナーアップデートとなることを明らかにしました。

Microsoftは、多くのユーザーが自宅で作業をしていて、メジャーバージョンアップで混乱を起こさないためマイナーアップデートを選択したと説明しているようですが、実際はWindows 10Xのリリースの遅れも影響しているのではないかと見込まれています。

現在、Windows 10 Version 21H1はプレビュー版が公開されており、試してみたいユーザーは簡単にインストールすることが可能となっています。

以下その方法を説明します。

Windows Insider Programのベータチャンネルに参加

記事執筆時、Windows 10 Version 21H1は、Windows Insider Programに参加し、ベータチャンネルを選択したユーザーに対して公開されています。Windows 10の製品版を使用している場合、以下の手順で21H1をインストール可能です

  • Windows Insider Programのベータチャンネルに登録する。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Insidr Program」で「開始する」をクリック。

    Windows insider program

  • ベータチャンネルを選択する。
    Beta
  • Windows Updateを確認しオプションの更新プログラムからWindows 10 Version 21H1をインストールする。
    Windows update option

イネーブルメントパッケージの形で提供されているため、Windows 10 Version 2004/20H2環境からは高速に更新することが可能です。

なお一度ベータチャンネルに切り替えると、プレビュービルドの受信を停止するには、Windows 10の次のメジャーリリースを待つ必要があります。テスト用のマシンで実行するか、事前にバックアップをとってから実行することをおすすめします。

スポンサーリンク