リークしたWindows 11をインストールしていはいけない

1623779227 snag 0025

Microsoftが6月24日に開催するオンラインイベントで発表されると予想されていた「Windows 11」がインターネット上にリークされた、大きな話題となっています。

macOSのようにも見える新しいデスクトップレイアウトや、Windows ExplorerのUIの刷新、Windows史上最高の壁紙などさまざまな見所が存在し、興味を持っているWindowsユーザーの方も多いかもしれません。

しかし、流出したWindows 11を実際にインストールすべきではないとLifehackerは指摘しています。

理由はOSのベータビルドや開発ビルドをインストールする際の注意事項と同じで、リークされた開発版のWindows 11をインストールした場合、データが削除されたり、何か不都合が発生する可能性が高いと考えられるからです。不具合が発生したとしても、Microsoftがそれに対処してくれる望みもありません。

また今回リークしたビルドはMicrosoftが公式公開しているものではないので、ライセンスなどの問題以外に、ハッカーなどによって改変されたビルドを入手してしまうという危険性も高いと考えられます。

Windows 11が正式にリリースされたとしても、MicrosoftはWindows 10を最低でも2025年10月14日までサポートすると予想されます。安定性重視の方はWindows 10をあと数年は使い続けることができるため、急いでWindows 11を検証する必要性は薄いといえます。

スポンサーリンク