Microsoftはそれを「Windows 11」と呼ぶ

Microsoft Japan DMCA Google Windows 11

先日より、Microsoftが間もなく発表すると噂されている次世代Windowsの開発版ビルドがインターネット上に流出し、大きな話題を集めています。

新しいOSの名前は、バージョン情報ダイアログのスクリーンショットなどから「Windows 11」だと予想されますが、Windows Terminalを起動したときなどに、「Windows 10」という名前が何回も表示される場合があり、本当の名前はまだ分からないのでは無いかという慎重派も存在したようです。

しかしどうやらこの新しいOSをMicrosoft自身も「Windows 11」と呼んでいることが、DMCA テイクダウン通知に含まれる情報から確認されています(MSPoweruser)。

文書は日本マイクロソフトからGoogleに送られたもので、流出したISOの配布を止めるために、インドのサイト「Beebom」をリストから外すように要求したものです。「It is a leaked copy of the unreleased Windows 11」と、Microsoftが、流出したコピーを「Windows 11」という名前で呼んでいることがわかります。

6月24日(現地時間)に発表されるのはWindows 11で間違いないといえそうですが、情報筋によると、Microsoftはこれまでのリークでは明らかになっていいないサプライズを準備している可能性があるとのこと。同日にはWindows 開発者向けイベントの開催も予定されており、今後もMicrosoftの動向が注目を集めそうです。

スポンサーリンク