Microsoft、Windows Sun Valleyをうっかり認めてしまう

Microsoft Windows 10 vNext

Microsoftは、6月24日に開催するオンラインイベント「what’s next for Windows」で、「次世代のWindows」に関する発表を行う予定です。

実際に何が発表されるのかに関する情報は厳重に隠されているなか、Microsoftが「Windows Sun Valley」のサポートページ誤って公開していたことがわかりました(Windows Latest)。

Windows Latestが公開したサポートドキュメントの検索結果のスクリーンショットを確認すると「Windows 10とWindows Sun Valley」に関する情報が掲載されていたことがわかります。このことは、以前の噂情報のように、Microsoftが企業向けの「Windows 10」と、一般消費者向けの「Windows Sun Valley」の二種類のアップデートを提供する予定があることを意味しているのかもしれません。

Sun Valley doc leaked

サポートドキュメントはすでに修正されていますが、ドキュメントはGitHubで管理されているため、「Sun Valley」への言及は、Microsoftのリポジトリで現在も確認可能です。

S 20210610 95529

ただし「Windows Sun Valley」に関する追加情報は存在せず、Microsoftがこのアップデートを「Windows 11」と呼ぶのか、「Sun Valley」と呼ぶのか詳細は不明です。

Sun Valleyアップデートでは、ウィンドウの角が丸くなり、ライブタイルの存在しない新しいスタートメニューの導入や、その他デザインの変更が行われると見込まれています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる