大量のファイルが起動ドライブに作成されるMicrosoft Defenderのバグが報告、修正も提供へ

1620236816 defender bug filling boot drive

Windowsの起動ドライブにファイルが大量に作成され、ドライブの空き容量がなくなってしまうという不具合が、RedditMicrosoftのフォーラムに報告されている事がわかりました(Neowin)。

不具合によって「C:\ProgramData\Microsoft\Windows Defender\Scans\History\Store\」以下に、2KB以下の小さなファイルが大量に作成され、数ギガバイトのストレージが消費されたと報告するユーザーも存在します。

フォーラムなどに投稿された情報によると、バグはWindows Server 2016および2019で複数のセキュリティソフトを実行しているユーザーに影響を与えている模様。起動ドライブが一杯になり速度低下が引き起こされたおかげで、フォルダが開けなくなったとの報告も行われています。一部のユーザーは回避策として、Defenderのリアルタイム保護を無効する方法を提供し、またHistoryフォルダー内のファイルを削除するコマンドラインスクリプトの共有も行われています。

なお、Microsoftはこの問題を認識しており、すでに修正プログラムの展開を開始しています。不具合はMicrosoft Defender EngineのVersion 1.1.18100.5に存在し、Version 1.1.18100.6アップデートでは修正されいるようです。

アップデートは通常のリリースサイクルでユーザーに配布される予定とのこと。Windows Server管理者の方で問題に遭遇した方は、Windows Updateで更新プログラムを確認すると良いかもしれません。

スポンサーリンク