Microsoft EdgeがWindows 11のMicrosoft Storeからダウンロード可能に

S 20210721 210929

Microsoftが開発するChromiumベースのWebブラウザ「Microsoft Edge」が、Windows 11のMicrosoft Storeからダウンロード可能になっていることがわかりました(Windows Latest)。

Windows 11には新しいMicrosoft Storeが搭載され、開発者はWin32デスクトップアプリケーションをストアに公開することが可能となります。すなわちWebブラウザや、Microsoft Teams、VLCメディアプレイヤーなどこれまで対応していなかったアデスクトッププリも新しいMicrosoft Storeからはインストールすることができるのです。

ただしEdgeの場合、現状でストアからダウンロードできるのはインストーラーだけで、インストールプロセスを完了するには、Microsoft Store以外のウィンドウを開く必要があります。

S 20210721 211657

なお、Windows 11のストアではMicrosoft Edge用の拡張機能をダウンロードすることもでき、Windows 11のプレビュービルドに搭載されているMicrosoft Storeで「Edge」を検索すると、Edge用の拡張機能がいくつか表示されます。これは現在の拡張機能ストアがなくなることを意味しておらず、ユーザーは両方のストアから拡張機能をダウンロードしてインストールすることができるようになるとのことです。

新しいMicrosoft Storeでは、全てのChromiumベースのブラウザの公開が許可されており、Chromium、Brave、VivaldiなどEdge以外のChromiumベースのブラウザがストアに登場することが期待できます。その他MozillaのFirefoxブラウザや、Microsoftのメモ帳やペイントといった組み込みアプリもストアに導入される予定です。

スポンサーリンク