Microsoft、KIPによってMicrosoft Officeでファイルを開こうとした際に発生していた不具合を修正

S 20210315 201825

Microsoftは3月13日(現地時間)、Microsoft Officeアプリでドキュメントを開こうとする際、メモリまたはディスクスペースのエラーが発生する問題を修正したことを発表しました(窓の杜)。

Windows 10 Version 2004/20H2のリリース情報ページには、以下のような情報が、解決した既知の不具合として掲載されています。

When opening a document in Microsoft Word, Microsoft Excel, or any Microsoft Office applications, you might receive the error, "Microsoft Excel cannot open or save any more documents because there is not enough available memory or disk space". This issue only affects devices that have installed Microsoft Office apps from the Microsoft Store and are attempting to open a document that has triggered the use of the Protected View feature.

不具合の内容は、Microsoft Word、Microsoft Excelまたはその他オフィスアプリでドキュメントを開こうとした際、「使用可能なメモリ、またはディスク容量が不足しているため、Microsoft Excelでこれ以上文書を開いたり保存したりできません」というエラーが発生するというもの。Microsoft StoreからOfficeアプリをインストールした環境で、保護ビューで開こうとした場合に影響するそうです。

2月に公開されたオプションアップデートKB4601382に含まれていた問題で、Windows Updateの不具合を素早く元に戻すことができる"KIR”(Known Issue Rollback)によって解決され、非管理対象デバイスでは最大24時間で修正が適用される予定です。

スポンサーリンク