Microsoft、うっかりWindows 10 Version 21H1のリリース日を公表してしまう?

Windows 10 logo

Windows 10の次期機能アップデート「Windows 10 Version 21H1」は、イネーブルメントパッケージを利用したマイナーバージョンアップになると見込まれています。

品質の向上やバグの修正に焦点をあてたサービス形式のアップデートで、大きな新機能は追加されず、例年通り2021年5月か6月にリリースされる事が予想されているなか、Edgeの開発者がコミットで、2021年6月に「Windows Release」が公開され、そのリリースにKernel Transaction Manager(KTM)に対する保護機能が組み込まれると、コメントしていることがわかりました。

コメントはその後変更され、リリース日に関する情報は削除されたようですが、当初は以下のような内容になっていたようです。

Chromium code commit

Windows Releaseが21H1を指しているのか、正確なリリース日がいつなのかは不明ですが、これまでの慣例が守られるとすると、2021年5月に21H1が発表され、2021年6月により多くのユーザーにロールアウトされることになるのかもしれません。

Windows 10 Version 21H1では、設定アプリにグラフィックカードの情報を表示するセクションが追加され、DNS over HTTPS (DOH)のネイティブサポートが追加されると予想されています。

一方その後に控える21H2は、「Sun Valley」アップデートと呼ばれ、スタートメニュー、アクションセンター、タスクバー、受信トレイなどが改善される大規模アップデートになると見込まれています。

スポンサーリンク