Microsoft、誰も必要としないWindows 10のコンテキストメニューを削除へ

Edit paint3d

Microsoftは先日、Paint 3DをWindows 10のプリインストールアプリから外し、Microsoft Storeへ移行する変更を行いました。

Paint 3Dは知名度が低く、Paintのように多くのユーザーから使われるアプリとなっていない現状を考慮した変更だと思われます。今回、Microsoftはこの計画をさらに推し進め、Paint 3Dアプリを削除したあと、Windows 10のコンテキストメニューに「Edit with Paint 3D(ペイント3Dで編集する)」という項目が残ってしまう問題を修正していることがわかりました(Softpedia)。

Windows 10の最新プレビュービルドでは、Paint 3Dを削除したあとWindows 10のコンテキストメニューから「ペイント3Dで編集する」という項目も削除されているとのことです。

これまではアプリを削除してもメニューが残り続け、選択時にMicrosoft Storeへのリンクが表示されてていたため、比較するとより使い勝手が向上する変更だといえそうです。

現時点でこの変更がどの機能アップデートに取り入れられるかどうかは不明で、次のアップデートではなく、秋の大幅アップデートでまとめて導入される可能性もあります。