Microsoft、Windows 11の最小システム要件について語る

S 20210718 202036

Windowsの次期メジャーバージョンアップ版「Windows 11」は現在、ベータテストが実施中です。Windows 11の安定版は今年の後半にリリースされる予定で、ユーザーは無償でアップグレードすることができますが、それはシステムがWindows 11に対応している場合に限定されています。

Windows 11は新しい最小システム要件が設定されていて、互換性のないハードウェアはWindows 11にアップグレードすることはできないのです。Microsoftは、企業向けにWindows 11へのアップグレードパスを説明した質疑応答情報を公開し、あらためてWindows 11の最小システム要件の変更に関する説明を行っています(Windows Latest)。

We know it sucks that some aren’t going to be eligible for Windows 11, but the great thing to remember is the reason we’re doing [this] is to keep to devices more productive and [ensure that they have] security than ever before so they can stay protected in this new workforce,

Microsoftは要件の変更に関し、Windows 11に対応していないユーザーがいることは残念だが、重要なことは、デバイスの生産性を向上させ、これまで以上にセキュリティを確保するだと理解を求めています。

企業向けの環境では、Microsoftは、テレメトリデータを使用してデバイスの互換性を判断し、Windows 11をインストールできるかどうかをWindows Updateで通知します。Windows 11との互換性エラーは、Windows UpdateまたはWindows Update管理ツールの中に直接表示されるようです。

なお、Windows 11の互換性エラーは、Windows 11のセーフガードホールドとは異なり、グループポリシーを変更することで制限を回避することはできません。

現時点では、Intelの第8世代、AMDのZen 2 CPU以降のチップのみがWindows 11に対応していますが、Intelの第7世代のCPUもサポートされる可能性があります。また最近のPCに組み込まれているセキュリティ機能であるTPM 2.0も必要となります。