Microsoft Updateで.NET Coreアップデートの提供が開始

Windows update

Microsoftは12月3日(現地時間)、「.NET Core 2.1, 3.1, and .NET 5.0 updates are coming to Microsoft Update」と題したブログ記事を公開し、2020年12月よりMicrosoft Update経由で、.NET Coreアップデートの配信を始めることを発表しました。

Windowsには、Windows本体を更新する「Windows Update」機能に加え、Microsoftの各種製品を更新する「Microsoft Update」と呼ばれる機能が搭載されており、設定画面でオンにすることで有効にできます(Windows Update > 詳細オプション > Windowsの更新時に他のMicrosoft製品の更新プログラムを受け取るをオン)。

今回の変更によって12月以降は、.NET Core 2.1、3.1、.NET 5.0.といった各種ソフトウェアの最新アップデートがMicrosoft Updateを有効にしておけば、Windows Update経由で入手できるようになるのです。

従来から存在する.NET FrameworkはOSのコンポーネントとして、Windows Updateでアップデートが提供されるのに対し、.NET CoreはMicrosoft Updateで提供されるという大きな違いがあります。

.NET Coreのアップデートの提供を望まない場合は、Microsoft Updateをオフにすることで無効化できます。またMicrosoft Updateを有効にしたまま.NET Coreだけをブロックしたい場合、特定のレジストリ値を設定します。詳細はこちらで確認可能です。

スポンサーリンク