Microsoft、なぜ古いハードウェアでもWindows 11がWindows 10よりも速く感じるのか理由を説明

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Windows 11は最適化によって最新のCPUでWindows 10よりも高速に動作するということはよく知られた事実ですが、Microsoftによると古いハードウェアでもWindows 11の方が大幅に速く感じられるようにさまざまな工夫が行われていることがわかりました(MSPoweruser)。

Microsoft Mechanicsの動画で、Windows ManagementチームのMicrosoft VPであるSteve Dispensa氏が、改善点のいくつかを詳しく説明しています。

動画によるとWindows 11は以下のような改善が行われているとのことです。

  • フォアグラウンドのウィンドウを優先するメモリとCPUのリソース管理の改善。
  • ブラウザの場合は非アクティブなタブをスリープさせることでフォアグラウンドのタブを優先させ、メモリ使用量を最大32%、CPU使用量を37%削減する。
  • 電源投入が必要なハードウェアコンポーネントへの呼び出しを最適化することで、全体的なメモリ管理を改善し、主要な処理スレッド間のスターベーションを低減することで、本当に必要なスレッドに電力を供給できるようにし、レジュームの高速化を実現。
  • 必要なファイルのみをマイクロソフトのサーバーからダウンロードする新しいアップデートエンジンにより、アップデートのサイズが40%縮小され高速化された。

Microsoftによると、Windows 11はより迅速で素早く反応し、例えばレジュームはほぼ瞬時に行われるとのことです。

詳しくは以下の動画で確認可能です。