「PowerToys Run」は評判の悪いWindows 11スタートメニューの解決策だ

S 20211009 101058

Microsoftは、Windows 11でUIの刷新を大胆に行いました。スタートメニューやタスクバーはモダンでシンプルなデザインが好評ですが、実用面では従来から存在した機能や、カスタマイズ設定が削除されるなど不満を訴えているユーザーも多いようです。

Windows 11のスタートメニューの機能不足を補うために、Microsoft自身が開発するオープンソースツール「PowerToys」を検討するよい機械だとWindows Centralが提案しています。

PowerToysはWindows 10の生産性を改善するために、Microsoftが開発中のオープンソースツール群です。Windows 11にも開発しており、画像のリサイズや、ファイル名の変更、エクスプローラーの拡張機能など、さまざまな便利なツールを含んでいます。

スタートメニューの機能を補うことができるのは「PowerToys Run」と呼ばれるランチャーアプリで、システムに含まれているアプリやファイルを、名前を入力して呼び出すことができます。

スタートメニューの検索機能とことなり、検索対象はローカルファイルだけに限定されていて、表示される結果の数を増やしたり減らしたりすることもできます。また電卓や単位変換、各種シェル機能、レジストリ検索機能などの便利な機能がプラグインとして利用可能です(不要な場合はオフにすることもできます)。

S 20211009 101122

Macを知っている方にとっては、「Spotlight」のWindows版と考えるとわかりやすいかもしれません。

Microsoftが開発に携わっていることから、Windowsとの互換性の高さや開発の継続性も期待できます。Windows 11インストール後スタートメニューに不満を持っている方は試してみてはいかがでしょうか。