Windows 11からWindows 10に戻したい場合は急ぐ必要あり

S 20210707 115441

Microsoftが先日、新しいオペレーティングシステム「Windows 11」を発表しました。すでにプレビュー版が公開されており、実際にインストールする事ができますが、Windows 11は開発の初期段階で不安定な部分も多く、Windows 10に戻したいという方も多いかもしれません。

そのような場合できるだけ急いだ方が良いとWindows Centralは指摘しています。

Windows 11からWindows 10へはファイルやデータを保持したまま簡単にロールバックすることができますが、回復可能な期間は10日間に限定されているためです。10日を過ぎてWindows 10に戻す場合、データをバックアップし、Windows 10をクリーンインストールするという面倒な手順が必要となります。

Windows 11の公式ページには以下のような情報が掲載されています。

Yes. After you have installed the Windows 11 upgrade, there is a 10-day period where you can move back to Windows 10 while keeping files and data that you brought along with you. After the 10 days, you will need to back up your data and do a “clean install” to move back to Windows 10.

Windows 11のアップグレード版をインストールした後、10日間は、ファイルやデータを維持したまま、Windows 10に戻すことができます。10日間が経過したら、データをバックアップし、Windows 10に戻すために「クリーンインストール」を行う必要があります。

この情報は、今年の後半にWindows 11が正式公開された際に、アップグレードするユーザーのために提供されていると見込まれています。なお、Windows 10は2025年10月までサポートされるため、Windows 11へのアップグレードを急いで行う必要はありません。