Windows 11の一部の組み込みアプリは初回起動時にインターネット接続が必要かも

WIN Start GenZ Light 16x10 en US 1024x640

Windows 11に組み込まれているネイティブアプリケーションの一部は、初回起動時にインターネット接続が(より正確にはMicrosoft Storeを利用したアップデートが)必要になっているとgHacksが伝えています。

例えば「Sticky Notes」アプリは初回起動時に、デバイスがオフラインの場合、システムがオンラインになりMicrosoft Storeから必要なファイルをダウンロードするまで起動出来ない模様。

Microsoft to do

いくつかのアプリの初回起動時には「[APP] needs an update. We are getting the update ready for you」というメッセージが表示され、アプリを実行するにはインターネット接続が必要になるとのことです。

Alarms clocks

Microsoftは一部のアプリをプレースホルダとして維持し、デバイスのストレージを節約しようという意図があるようですが、旅行中などインターネット接続が常時利用できない環境では、アプリが利用できないことになります。

現在のところ「Sticky Notes」「Microsoft To-Do」「マップ」「アラーム&クロック」などのアプリが初回起動時にインターネット接続が必要で、「メモ帳」「電卓」「カレンダー」「Groove Music」「Microsoft Paint」などはそのまま使えるとのことです。