Windows 10 21H1をサポートした「Universal MediaCreationTool」の最新版が公開

Universal media creation tool

Windows 10の各バージョンのISOファイルをダウンロードすることができるオープンソースツール「Universal MediaCreationTool」が更新されて、Windows 10 Version 1507から次期機能アップデート21H1まで、Windows 10のすべてのバージョンをサポートしたことがわかりました(gHacks)。

Universal MediaCreationToolの最新版をダウンロードする手順は以下の通りです。

保存した「MediaCreationTool.bat」を実行すると、Windows 10のバージョン、言語、エディション、アーキテクチャを選択するためのメニューが表示され、Microsoftのサーバーから指定したISOファイルをダウンロードすることができます。

その他最新版では、メディア作成プリセット機能の追加や、自動アップグレードのプリセットの刷新など、便利な新機能が追加されています。

新機能の詳細はこちらで確認可能です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる