Windows 10のスタートメニューにFirefoxからの乗り換えを促すEdgeの広告が表示

S 20200210 100211

Microsoftは1月15日、Chromiumベースの新しい「Edge」ブラウザを公開しました。

従来のEdgeブラウザは、消費電力の少なさなど、優れた特徴をいくつか持っていましたが、ユーザー数は伸び悩み、新しいEdgeでの巻き返しが期待されています。そのようななか、Winows 10のスタートメニューに、新しいEdgeへの乗り換えを促す広告が表示されていることがわかりました(Windows Latest)。

Microsoft Edge ad

インターネット掲示板Redditには、実際に広告が表示されたユーザーが投稿したスクリーンショットが掲載されています。「Suggested(提案)」の下に「Still using Firefox? Microsoft Edge is here(まだFirefoxを使っていますか?Microsoft Edgeはこちら)」というラベルが存在し、クリックすると、新しいEdgeがダウンロードできるようです。

広告が表示される条件ははっきりしませんが、Firefoxをデフォルトブラウザに設定しているユーザーがターゲットらしく、Microsoft Edgeがインストール済みでも広告は表示され続ける模様。

幸いこの広告は簡単にオフにする事が可能で、「設定 > 個人用設定」で「ときどきスタートメニューにおすすめのアプリを表示する」をオフにすることで非表示にできるようです。

Personal

Windows 10ではさまざまなタイプの広告が検討されていて、最近もワードパッドアプリにOffice Onlineの広告が表示されたことが話題となりました。