Windows 10 19H1の3つの注目の新機能

S 20190201 171840

昨年公開されたWindows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」のWindows Update経由での配信もはじまり、次期プレビュー版の開発も大詰めを迎えています。

次期アップデートは「Windows 10 19H1(Version 1903)」とよばれ、多数の新機能が追加されることが判明していますが、プレビュー版をインストールしていない方にとってはどのような機能が追加されるのか気になるところかもしれません。

今回Softpediaがそのような方にとって参考となるVersion 1903の3つのお気に入りの新機能を紹介しています。その機能は以下のとおりです。

ライトテーマ

S 20190201 171931

Windows 10やmacOSでは最近ダークテーマの追加が注目を浴びていますが、これに対をなす存在として、明るい色使いの「ライトテーマ」が追加されます。

色の設定で「白」を選ぶと、ライトテーマが適用されて、スタートメニューやタスクバー、アプリケーションウィンドウが明るい色で表示されます。

従来の設定は「カスタム」で、「黒」を選ぶこともできます。

Windows Sandbox

S 20190201 172307

開発者やIT管理者にとっての注目機能は「Windows Sandbox」です。

Windows Sandboxは軽量の独立したサンドボックス環境を提供するもので、安全性が確認できないアプリケーションをホスト環境に影響を与えず安全に実行することができます。

改ざん防止機能

S 20190201 172754

Windowsセキュリティにも「Tamper protection」と呼ばれる改ざん防止機能が追加されます。この機能はデフォルトで有効化されていて、悪意のあるソフトウェアがセキュリティ設定を勝手に変更しようとするのを防ぐことができます。

まとめ

4月に公開が見込まれるWindows 10 19H1(Version 1903)でもさまざまな新機能が追加されます。新機能が気になる方は今からWindows Insider Programに参加して試してみても良いかもしれません。