Windows 10の累積アップデートKB5005565などが公開 - 2021年9月の月例更新

S 20210915 112621

Microsoftは本日、毎月米国時間の第2火曜日に提供している月例更新の一環として、Windows 10の各バージョンに対する累積アップデートをそれぞれ公開しました(Neowin)。

  • Windows 10 Version 2004/20H2/21H1: KB5005565
  • Windows 10 Version 1909: KB5005566
  • Windows 10 Version 1903: EOS
  • Windows 10 Version 1809: KB5005568
  • Windows 10 version 1803: EOS
  • Windows 10 version 1709: EOS
  • Windows 10 version 1703: EOS
  • Windows 10 version 1607: KB5005573
  • Windows 10 Version 1507: KB5005569

それぞれWindows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用して導入することが可能で、変更点は以下の通りです(セキュリティアップデートの内容は日本Microsoftのブログで参照できます)。

September 14, 2021—KB5005565 (OS Builds 19041.1237, 19042.1237, and 19043.1237)

Version 2004/20H2/21H1用の更新プログラムKB5005565では、PowerShellが無限の子ディレクトリを作成する問題の修正が行われています。

ハイライト:

  • Updates security for your Windows operating system. 

改良と修正:

  • Addresses an issue that causes PowerShell to create an infinite number of child directories. This issue occurs when you use the PowerShell Move-Item command to move a directory to one of its children. As a result, the volume fills up and the system stops responding.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

症状 回避策
カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージからWindowsをインストールしたデバイスでは、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある。 LCUをスリップストリームする前に、2021年3月29日以降にリリースされたSSUをカスタムオフラインメディアまたはISOイメージにスリップストリームする必要がある。Windows 10, version 20H2およびWindows 10, version 2004で使用されているSSUとLCUの統合パッケージでこれを行うには、統合パッケージからSSUを抽出する必要がある。

  • 以下のコマンドラインでmsuからcabを取り出す。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.msu /f:Windows10.0-KB5000842-x64.cab <destination path> 
  • 以下コマンドラインで、先に抽出したcabからSSUを抽出する。
    expand Windows10.0-KB5000842-x64.cab /f:* <destination path>
  • この例ではSSU-19041.903-x64.cabという名前のSSU cabができあがる。このファイルをまずオフラインイメージにスリップストリームし、次にLCUを入れる。
KB5003690(2021/6/21公開)をインストールした後、KB5004945(2021/7/6公開)以降のアップデートなど、新しいアップデートをインストールできないデバイスがある。その場合「PSFX_E_MATCHING_BINARY_MISSING」というエラーメッセージが表示される。 さらなる情報と回避策をKB5003690で確認可能。

Windows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。